銀行カードローン

メガバンクでも審査は消費者金融系が行う

銀行での借り入れは安心、消費者金融は不安、こう感じる方は少なくないでしょう。審査基準などの違いがあるために消費者金融を利用する方もいますが、どっちでも審査に通って好きな方から借りられるとなれば、消費者金融を選ぶ方はいないはずです。

 

消費者金融と聞くだけで怖いイメージ、金利が高いと感じるためで、実際に金利の比較をすれば銀行の方が優れているのは言うまでもありません。消費者金融は何か怪しいから関わりは持ちたくない、銀行なら消費者金融ではないから大丈夫とまで考える方もいますが、現実問題として多くの銀行は何かと消費者金融との関わりを持っています。

 

銀行は基本的な業務は融資事業となりますが、対象は個人ではなく企業などがほとんどです。大口の融資による金融業となり、貸し付けた利息によって収益をあげるのが基本となります。

 

融資を得意とするのが銀行ではありますが、それはあくまで企業に対する話であり、個人に対する小口融資は得意とはしていません。所謂カードローンとなる個人向けの小口融資のノウハウは銀行にはなく、それでも資金が潤沢にあり収益性の高いカードローン事業を行いたい銀行は、個人向け融資のノウハウを多く持つ消費者金融に任せている部分があります。

 

例えば三井住友銀行は、知名度も信頼性も高いメガバンクで誰もが知る銀行ですが、借り入れを行うカードローンの審査は消費者金融のキャッシングサービス「プロミス」を提供するSMBCコンシューマーファイナンスが行っています。

 

他の銀行でも同様で、多くの銀行では三井住友銀行カードローンの消費者金融審査と同じように外部の保証会社を設け、審査や万が一に備えての保証契約を行っているのです。

 

銀行で借りれば消費者金融とは関係ないと考えるのは間違いともいえるので、実際には銀行で借りるとしても消費者金融による審査を受けていると知っておきましょう。